読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のうみそのお造り(でも真面目な食文化のお話)

 食文化のお話。でもグロ話注意。

【長野】酒のつまみには最高! 天竜川で「ざざ虫漁」解禁 網片手に愛好者が初漁
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1196526522/

93 名無しさん@八周年 New! 2007/12/02(日) 02:45:13 id:kXe+TLy/0
蚕は最初に見たときにさすがに引いた。
ざざむしはえいやっと口に入れたら美味かった。
鉢の子は抵抗なかった。

でも香港でタガメの炒め物が運ばれてきたときは
「あなたたちの食文化を否定する気は毛頭ありません。でもごめんなさい」と謝った。
ベトナムのホビュロンとネパールの山羊の脳みそお造りも、ごめんなさいだったw




97 名無しさん@八周年 sage New! 2007/12/02(日) 02:48:44 id:fsICgXV50
>>93
脳みそのお造りって・・・

怖すぎるから!



102 名無しさん@八周年 New! 2007/12/02(日) 03:02:36 id:kXe+TLy/0
>>97
それがね、見た目の色合いはものすごく美しくて淡い桜色の
上等の魚の肝みたいな感じ。

でも猿の脳みそよろしく、頭蓋骨取り払ってしかもまだ目が動いてるのw
首だけで「たった今切り取ってきましたぁ!」って勢いよく言われた。
それと血の匂いがすごいのだけど、それに馬乳酒をどっぷりかけてさらに臭くなる。
現地の人たちは香ばしいという感じで鼻をひくひくさせるが、自分らはドン引き。
さらに酒をかけると、鼻や口がひくひく動くのw
それを「客人が最初にナイフを入れてください」って、最高級のもてなしをされるわけ。

俺たちの魚の生け造りに外人さんが引くってのが、感覚でよく判った。
もう謝るしかなかった。
でも・・・死ぬ思いで食べたらすんげえ美味かった(たぶん香草と魚醤っぽいタレのおかげもあるが)




112 名無しさん@八周年 New! 2007/12/02(日) 03:23:00 id:gY97tudrO
>>93>>102
すげー





122 名無しさん@八周年 New! 2007/12/02(日) 03:40:33 id:kXe+TLy/0
>>112
もっと詳しく言うとねw
頭骸骨のみを切り取っただけではなく、脳みそのシワに香草を詰めるの。
それが上手な人ほど、山羊の意識が残ってるんだってw
で、ナイフを入れると血が噴水みたいにプシューって出る。
これは首から流れ出ないように切り取ってすぐ、切り口を焼くんだって。
だから脳内で血液が沸騰している状態。
そこにナイフを入れて噴水のように吹き出る血液をコップで受けて、それをタレに入れる。
さすがにそれは出来なかった。

でも朝焼けの中飲ませてもらった山羊の乳は
血の味(少々塩辛い)が寒さも相俟って絶品だった。
俺が嬉しげに「美味かった」と言うと10歳くらいの牧童が
「だろ、でも僕の分がなくなったからもうあげないよ」と言うのが胸を突いて
本当にありがとうとしか言えなかった。






127 名無しさん@八周年 sage New! 2007/12/02(日) 03:56:04 ID:82LQO/ST0
>>122
そう言うのは向こうの人達にとってはまさしく魚の扱いと同じ訳か。
異文化コミュニケーション面白そうだな。
山羊ではなく犬や猫だと卒倒しそうだが。


128 名無しさん@八周年 New! 2007/12/02(日) 03:56:14 ID:1lc7qS8S0
>122

すごいっすねー、若い時ならいけるかも
わからないけど、今は無理だな。

10代の頃北海道でエゾシカの脳みそのルイベ
食べた事ありますよ。
灰色の溶けるレバ刺しみたいでした。




133 名無しさん@八周年 New! 2007/12/02(日) 04:22:48 id:kXe+TLy/0
>>127
山羊でも十分卒倒しそうでしたw
>>128
若い時ってのは無鉄砲でもあるけど
ある意味理念に縛られている時期でもあるような気がします。
自分がここで食べねばならないと思ったのは
差別はいけない、食文化の否定は駄目だみたいな頭で考えた部分があったようにも思えます。振り返ってみれば。

でも食っちゃったあとで、ウマー!を知覚したとたんに
ガイジンさんをからかってやろうとか、仲間になるためのイニシエーションみたいなというか
そういう部分を相手も持ってたんだと気づいて
「うめぇじゃねえかこの野郎!もっと食わせやがれ。酒も注ぎやがれ」と居直ったら大うけだったw
逆に若さが殻を作ってしまうこともあるんだという、いい経験をさせてもらいました。
それから(仕事で訪れたのですが)、毎晩酒の誘いと子供たちとの遊びに明け暮れました。
変な日本人だったのかも、俺w


 色々と凄いなぁ、と。というか、>>93氏の


>「あなたたちの食文化を否定する気は毛頭ありません。でもごめんなさい」


 というお断りの言い方が、何気に巧い言い方だな、と思ったのでした。
 自分も今後そういう場面に遭遇したら、これを使わせて頂こうかなぁ、と。

 それにしても、>>93氏、カッコイイですなw