読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネット対局サイト 将棋倶楽部24日本将棋連盟へ譲渡

http://www.shogi.or.jp/osirase/061110_24.html

 2006年11月1日、社団法人日本将棋連盟と有限会社将棋倶楽部24は、(有)将棋倶楽部24のインターネット将棋対局サイト事業を(社)日本将棋連盟に譲渡することで合意に達しました。
 (有)将棋倶楽部24の運営しているインターネット対局サイト将棋倶楽部24は、会員数20万人を超える世界最大のインターネット将棋対局サイトです。(http://www.shogidojo.com/

  今後、インターネット対局サイト将棋倶楽部24は、将棋連盟の事業の一部となりますが、(有)将棋倶楽部24代表取締役久米宏氏は、引き続きこのサイトの運営に携わります。なお事業の譲渡額については非公開とさせていただきます。

         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!    
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・    
                                              
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      ──    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
  /             \    \    /            /            \ 
 /         U      ヽ    \  /            /          U    ヽ 
 l:::::::::               |.    / l            l               :::::::::|  
 |::::::::::U  (●)    (●)   |.  /   |::::: (●)    (●)|   (●)    (●)  ::::::::::| 
 |:::::::::::::::::   \___/    |   ── |::::::::  \___/  .|    \___/  :::::::::::::::::| 
 ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ        ヽ::::::::  \/    ヽ     \/  ::::::::::::::::::.ノ 


 な、なんだってええええええええええええええ??????!!!!!!!



 たまたまWebを見ていたら、2ch囲碁将棋板のログに行き当たって初めて知ったのですが。
 もう、将棋界隈の人々では大騒ぎになった話題なんでしょうねぇ……。

 かなり衝撃です。

 ここ、そもそも開発した個人の方が、無料運営でやってらっしゃった対戦サイトなのですよね。おそらく、ネット将棋といえばとにもかくにもここ、というようなサイト。登録者は20万人とか。凄く良くできたシステムで、自分も昔は利用させて頂いたりしたこともありました。勝敗ポイントの蓄積による、ネット上の段位・級位認定システムなども完備されていて、自分がどのぐらいのレベルか客観的に認識しつつ、同じぐらいの強さの人と戦う、なんてことが出来ました。

 また、面白いのが観戦で。上級レベルの人々の対戦をリアルタイムで眺められる、というのは本当に面白いのですね。観戦している人々が皆でチャットをしていて、その一手一手について熱く語ったりする、とw

 楽しすぎて時間を使いすぎてしまう、という面もあって、ここ数年は遠ざかっていたのですが。

 本当は、開発者の方をとかく祝福して、今後の発展をお祈りすれば良いのですが、


http://2ch.pop.tc/log/06/11/13/0843/1163159266.html

 とかみると、将棋連盟に対する不信感から荒れ気味になってますねぇ……。


 まぁ、まさか今の無料システムを将棋連盟が変えることは無い、と信じたいのですが。

 あのシステム、本当の初心者から始められる間口の広さが良い所、だと思っておりますので。
 ええ、駒の動かし方を勉強してみた、程度の超初心者の方からオッケーなのですね。ちゃんと探せば対戦相手がいつでも見付かるでしょう、と。

 いや、本当にお勧めなのですよ、あそこはw



 とかく、妙なところでお金を稼ごうとして水をかけるようなことにならなければ良いのですが。

 何にせよ、将棋ファン層の拡大と、ファンを含めた将棋界全体にとって幸せなことになれば良いな、と思います。