読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お姉ちゃんの「現実」、妹さんの「現実」

 前回、http://d.hatena.ne.jp/settu/20061122/p3で取り上げた「双子の妹の机の中から」http://www.kajisoku.com/archives/eid622.htmlに関して、ウェハさんより興味深いコメントを頂きました。

うーん、この妹さんがこうなっちゃった原因は、お姉さんにあるのではないかなーと。
双子なのに、一卵性なのに、なんでもテキパキできて、キツイけど優しいところもあって、キレイで、口げんかしても全然勝てなくて……。

お姉ちゃんの「現実から逃げるなよ」って言葉。
妹さんの現実って、ほぼお姉さんが占めているような気がしてなりません……。

PS エターナルフォースブリザードとか、30歳童貞魔法使い説を発明したのがこの妹さんでないことを祈ります。


>うーん、この妹さんがこうなっちゃった原因は、お姉さんにあるのではないかなーと。

 言われて、ハッとしました。

 その見方は気づいていませんでした。
 なるほど、たしかにそう言う見方もできますねぇ……。


>双子なのに、一卵性なのに、なんでもテキパキできて、キツイけど優しいところもあって、
>キレイで、口げんかしても全然勝てなくて……。

>お姉ちゃんの「現実から逃げるなよ」って言葉。
>妹さんの現実って、ほぼお姉さんが占めているような気がしてなりません……。

 とても納得です。

 確かに、妹さんにとって、絶対勝てない、こんなお姉ちゃんと四六時中顔を合わせていたら洒落になりませんねぇ。一卵性双生児ってことで、ことさら比較されることも多いでしょうし。

 その仮説に立って考えると、妹さんの行動の理由も何となく想像出来てしまう、という。

 お姉ちゃんの存在の無い、自分だけの世界を手に入れたかった、という訳か……、と。

 今後、妹さんにも幸あらんことを願ってしまいますね。