佐藤大輔と豪屋大介と

 2chの御大スレとか御大AAスレとか見ていて、何となく。

 以前は、2chの御大スレその他でしばしば佐藤大輔豪屋大介が同一人物か否かについての論争が語られたものでした。それに関する怪しげな情報も幾つか飛び交ったり、と。最近は御大が6年も新刊を出していないらしいということもあって(棒読み)、そもそも議論する意味すら無いという雰囲気で最近は話題にも出ない話なのですが。

 で、同一人物仮説についてはここのページでも何度か紹介してきたような気もするのですが、そういった状況証拠的な諸々の話はさておいて、まぁ、やっぱ小説ですから、文章自体はどうなのか、という話にはなりますよね。

 で、これに関しての私はどう思うか、ということなのですが、一つ言えるのは、それが意図的なものであれ、もしくは無意識的なものであれ、豪屋大介ライトノベル、A君シリーズの文章には、御大の文章の「くせ」が色濃く出ている、ということなのですね。
 御大の文章には色々とくせがあります。いわゆる「佐藤節」と形容されるノリ以外にも、句読点その他でちょっとした、特徴的な点がいくつかある訳です。
 もっとはっきり言えば、御大ファンの間ではあからさま過ぎるまでに目立つ「佐藤節」以外の点での「くせ」ですね。
 まぁ、これは御大ファンなら大抵の人は気づいているようなポイントの数々、ってなるのかも知れませんが。

 で、それが豪屋大介にも重なって出てきているよね、と。むしろ、「佐藤節」らしからぬ部分の文章の方に。

 それは、事実としてはあるよなー、ということは感じた、というような結論にはなるかと思います。



 まぁ、当然ながら、このことをもって、同一人物と断言することは出来ません。

 むしろ、『影響を受けた別人が書いた!』っていう証拠になってしまうのかも知れませんw

 でも、そこには間違いなく、御大作品の「影響」を見ることができる、と。

 もっとも、それは、「意識して」、御大作品の癖を抽出し、意図的に豪屋大介作品に持ち込んでいるのか、それとも、「意識しないうちに」影響を受けて、似てきてしまっているのか、それは分からない訳ではありますがw

 つまるところ、似せようとして、似せているのか。それとも、似せる意図は無いけれども、無意識のうちに似てしまっているのか。それは分からない。そして、それは同一人物の演出にしろ、別人の演出にしろ、意図的か無意識か不明である、という部分は変わらない訳です。

 ただ、どちらにせよ、関連性は色濃く出ている。

 とかく、そういう意味での文章面での「関係」は見出すことができるよね、と、そんな話なのでした。


 って、御大ファンならみんなそれぐらい分かって当たり前だろー、分かりきったこと言うんじゃねーよ! って思う話かも知れませんがw
 

 どうなんだろうなー。