コードギアスに反逆が足りないっぽい件

 超適当なことを書いてみる訳ですが。

 というかネタですよ?

特集 :『コードギアス 反逆のルルーシュ』 反逆のヒロイズムhttp://mantanweb.mainichi.co.jp/web/2006/10/post_381.html(情報元:http://d.hatena.ne.jp/Su-37/20061007#1160178432)

 反逆と言いながら、記事中にスクライドという言葉が一言も無いのがかんしゃくおこる(関係ねぇ。というか監督はスクライドの人らしいですが。ってそれも関係ねぇ。ついでに言えばそもそもトリーズナー(反逆者)なスクライドは漫画版だ)。
 
 
 というか、作品の方向性自体に反逆が足りない! とか言ってみます。見てないけど。


http://d.hatena.ne.jp/Su-37/20061007#1160178432

反戦っぽさとキラとアスランスザクとルルーシュの再会シーンはアレですが、先が気になります。

 この、反戦っぽさ、という言葉で思い出すのが、ですがスレの鳥坂氏(アニメ業界関係者さん)のコメントだったり。
 


みんす党ですが野党共闘で政権奪取です!
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1159231612/

869 鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 sage 2006/09/27(水) 16:30:25 ID:???
>>859
 サ●ライズのアレですか?
 メディア業界は反米大陸派が多いんです。海洋派の巻き返しは㍉でしょうねぇ。
 まぁ、思い描く未来は、人それぞれですから。
 ジンセイイロイロ(  ̄ ー  ̄ )ミライモイロイロ


 
 つまり、何が言いたいのかというと。

 アニメで「反戦」(というか、反米英な大陸志向)をやったって、それってアニメ業界の大勢(というか、まさに『体制』)の風潮・方向性に従ってる、まさに自ら望んで服従しているだけで、反逆でも何でも無いかも知れない、とか。
 
 こういうメタ的なレトリックは卑怯な言い方かも知れませんが……。



 
 まぁ、面白ければそれで良いのだろうとは思いますが。いや、本当に。商業作品な訳ですし。売れれば素晴らしいし、その中で多くの人を楽しませてくれれば、さらに本当に素晴らしいことなのです。そういう意味で、売れれば種もデス種も間違いなく正義なのでしょう。
 スパロボとかに展開して、(スパロボファン達(の一部)にいささかの阿鼻叫喚をもたらしつつ)そこにあった創作世界に影響を与えて行くのも、きっとまた正義なのだろう。

 それが反逆かどうかは、ともかくとして。

 コードギアスのテーマは「反逆」だ。ロボットアニメの主人公はヒーローだが、河口さんらは現代の視聴者が求めるヒーロー象を考え続けたという。


 「主人公のルルーシュ体制側と戦う人間です。現代のヒーロー像は正義の味方であるのは当然ですが、手段を問わず目的を成し遂げようとするやや悪役めいた部分にも人気がある。ルルーシュもそういう人間になります」と河口さんは説明する。


 果たして、それは誰が求めるヒーロー像なのだろう、とか。
  
  

 思い出すのが、某党のお方のこんな発言だったり。

 
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200401152158.html

選挙以外の方法で政権打倒 記者会見廃止に枝野氏
 民主党枝野幸男政調会長は14日午後の記者会見で、陸海空3自衛隊の幕僚長の記者会見廃止問題に関し「報道、表現の自由が守られない社会では選挙、民主主義以外の方法でその政権を倒していいというのが歴史。小泉政権はそういう段階に入りつつある」と激しい口調で批判した。
 「現時点ではわれわれの発言が封じられているわけではないので民主主義のプロセスで訴えていく」と付け加えたが、弁護士出身だけに報道、表現の自由への熱い思いが発言をヒートアップさせたようだ。

 国法の具現者の一翼たる、弁護士出身の方もご推奨のやりかた、となりますでしょうか。

 そういう段階に入りつつあるらしいです。もう安倍さんに代わっちゃったけど。


 もう一回、さっきのコメントを見てみる。


手段を問わず目的を成し遂げようとするやや悪役めいた部分


 どう見てもテロリストです。

 本当に有難う御座いました。





 ……なんか色々話が飛びましたが。
 
 とかく、結局のところ、


 「反逆を名乗っているのに、反逆が足りてないっぽいような」


 とか、そんなことを思ったりしたのでした。