Lingerについて

 前回、http://d.hatena.ne.jp/settu/20060924/p4#seemoreで触れた通り、Lingerでチャットルームhttp://www.lingr.com/room/h4bu7uf2PFrを設置してみた訳ですが。
 

 このLingerに関しては
http://ascii24.com/news/i/serv/article/2006/09/11/664477-000.html
http://blog.japan.cnet.com/kenn/archives/003103.html
http://blog.japan.cnet.com/kenn/archives/003149.html
http://b.hatena.ne.jp/t/lingerより)


 辺りを参照、と。画像やyoutubeを張り込めるのは面白い点ですね。



http://ascii24.com/news/i/serv/article/2006/09/11/664477-000.html

画像はURLをテキストボックスに入力すれば表示される。“http://”で始まり“jpg”で終わる文字列は自動的にimageタグに展開されるようになっている。
(中略)
同様に、YouTubeのリンクも貼り付けられるのだが、こうなってくると、ウェブ上にあるコンテンツであれば、何でもインクルードできるのではないかと、いろいろと妄想がふくらむ。


 とかく、なかなか面白いものだと思います。上記記事で指摘されているように、人によっては対話ブログなんてものを作ることが出来るかも知れませんね。そして、設定の仕方で、ルートから「ホット・タグ」で辿れるルームにも、URLのみから辿れるルームにも出来る、と。設定によってはパスワードもかけられるようですね。
 
 ちなみに、一人でいくつでもルームを作れるのだそうです。まぁ、こういう面があるから、前回書いた通り、広告で荒れ放題になっている部活ページの掲示板代わりにもなるかなぁ、などと考えたりした訳ですが。