国旗国歌問題について/「彼等は生徒が野蛮人として扱われることを望んでいる」

 2ch軍板ですがスレにて、国旗国歌問題について興味深いやりとりがあったので転載。スレのやりとり、というか、以前紹介したハルノートのやりとりhttp://d.hatena.ne.jp/settu/20060827/p3に出てきた、「蟹様」ことcDIj6u5gc.氏と住民のやりとりなのですが。

 ちょっと長いですが、なかなか参考になるやりとりかと。

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1158842458/

231 名無し まじかる☆アンバー ◆cDIj6u5gc.  sage 2006/09/22(金) 09:29:00 株 ID:??? BE:?-BRZ(1043)

     ,.  '"´ ̄ `` ー .、 
 r─、/_          \- -- ┐ みなさまごきげんよう。今仕事から帰ってきたところですが、昨日はお客様も 
 l  /´            ヽ   | いらっしゃったご様子で大変に盛況であった様子ですね。参加できなくて残念 
 | イ .//  // .ハ i、 、  , .',  .| です。がっでむ。 
 | / / !  // ./ l .l i  !l  i  .!  | 
 L{/レヘ /iハ/ ヽ|ヽiヽトkヽl  |__,」  それはともかく、子供は人間未満獣以上の存在なので、鞭で躾けないと人間 
  /' | /===    ===l  !ヽ  になれずDQNな人外にしかなれないかと思っております。そういう人間未満が 
. /  l ⊂⊃      ⊂⊃ .! ヽ  今の我が国の負債となりつつありますね。彼らは近い将来、貧困層として我が 
く   .|  i    ー―    ,イi| ,'   〉国を大きく過たせることになるかと考えております。 
 `ー-k i iヽ.、     / il | /ー '" 
    N iヽヽ! li ー '|レリレレi/ ちなみに、反天皇制を唱える人間で、では現行の皇室制度がいかに成立してきたの 
       /ヽヽ />、   か、きちんと説明できる方がいないのは、まことに残念ですね。 
       ヽ  ヽY/  > 




238 名無し三等兵 sage 2006/09/22(金) 09:32:24 ID:???
>>231 
アメとムチの加減が難しいところです。 


239 名無し三等兵 sage 2006/09/22(金) 09:32:31 ID:???
>>231 
>子供は人間未満獣以上の存在なので、 
鞭で躾けないと人間になれずDQNな人外にしかなれない 

なんで君が代問題になるとこういう幼稚な例えにわざとするの? 

君が代問題なんてまさに思想信条の自由の問題の最前線でしょう。 
国家と権力と個人の自由の問題の最前線でしょう。基本的人権の問題でしょう。 
自由と民主主義の根本に関わる問題でしょう。 

幼稚な例えでごまかして問題を矮小化するのは危険だよ。 





248 名無し まじかる☆アンバー ◆cDIj6u5gc.  sage 2006/09/22(金) 09:40:13 株 ID:??? BE:?-BRZ(1043)

     ,.  '"´ ̄ `` ー .、 
 r─、/_          \- -- ┐>238さん 
 l  /´            ヽ   |  というより、前スレ前半の話にもなりますが、人間の自我は自然に備わるもの 
 | イ .//  // .ハ i、 、  , .',  .| ではなくて、社会参加する事で成立していくものですから。 
 | / / !  // ./ l .l i  !l  i  .!  | 
 L{/レヘ /iハ/ ヽ|ヽiヽトkヽl  |__,」 >239さん 
  /' | /===    ===l  !ヽ  さて、貴方が自由と民主主義について全く理解していないのは仕方が無いと 
. /  l ⊂⊃      ⊂⊃ .! ヽ して、理解してもいないものを錦の御旗にするのは、あまり誉められたことでは 
く   .|  i    ー―    ,イi| ,'   〉ないと思います。 
 `ー-k i iヽ.、     / il | /ー '" 
    N iヽヽ! li ー '|レリレレi/ というわけで、貴方が言うところの「自由と民主主義」そして「基本的人権」ですが、 
       /ヽヽ />、  それは、いつ、どこで、誰が、何の為に、定義を行い、制度として確立させたのか、その 
       ヽ  ヽY/  >  事実についてまずは考えてみましょうか。 






253 名無し まじかる☆アンバー ◆cDIj6u5gc.  sage 2006/09/22(金) 09:46:44 株 ID:??? BE:?-BRZ(1043)

     ,.  '"´ ̄ `` ー .、 
 r─、/_          \- -- ┐>239さん 
 l  /´            ヽ   |  さて、自由とは、肉体の行動の自由と、内心における思考の自由とに大別され 
 | イ .//  // .ハ i、 、  , .',  .| ますね。貴方がここで言っているのは、「君が代問題」をどちらの自由に対する 
 | / / !  // ./ l .l i  !l  i  .!  | 侵害なのか、それについてはあえて述べず、ただ自由に対する侵害と連呼して 
 L{/レヘ /iハ/ ヽ|ヽiヽトkヽl  |__,」 いるだけなわけです。 
  /' | /===    ===l  !ヽ   というわけで、まず君が代問題」(と主張しているのは貴方だけですが)という 
. /  l ⊂⊃      ⊂⊃ .! ヽ ものが、いかなる自由に対する侵害か、それについて説明をお願いしましょう。 
く   .|  i    ー―    ,イi| ,'   〉 
 `ー-k i iヽ.、     / il | /ー '" 続いて、基本的人権ですが、これは生存権、財産権、そして思考の自由と、 
    N iヽヽ! li ー '|レリレレi/    これが絶対不可侵のものと近代国家では規定される事が多いですね。問題は、 
       /ヽヽ />、       貴方の言う君が代問題」が、これらのどれに抵触するのか、それが明らかに 
       ヽ  ヽY/  >      されないまま、貴方が基本的人権の侵害と主張している事にあります。 

 さらに、自由と民主主義の問題ですが、では貴方の言う民主主義とは、一体全体どういう存在なのでしょうか? 
それは、いかなる思想なのか、哲学なのか、制度なのか、社会なのか、それについて極めてあやふやなままに 
「自由と民主主義」を連呼しているだけの様に見受けられますね。 

 これらについて、いかに考えているのか、ぜひ意見をお聞きしたいところです。 

 というわけで、これは中学校の公民程度のお話ですから、是非誠実な回答をお願いしたいところです。 






265 名無し まじかる☆アンバー ◆cDIj6u5gc.  sage 2006/09/22(金) 09:55:23 株 ID:??? BE:?-BRZ(1043)

     ,.  '"´ ̄ `` ー .、 
 r─、/_          \- -- ┐ さて、今回の「君が代問題」は、学校における公教育において、国家の斉唱を 
 l  /´            ヽ   | 生徒に指導するよう義務付ける通達が文部省より出され、それに従わなかった 
 | イ .//  // .ハ i、 、  , .',  .| 教員に対して処罰が行われ、それに不服を唱えた教員らが集団提訴し、地裁が 
 | / / !  // ./ l .l i  !l  i  .!  | 教員らの主張を認めた、と、そういうお話ですね? 
 L{/レヘ /iハ/ ヽ|ヽiヽトkヽl  |__,」 
  /' | /===    ===l  !ヽ  つまり、学校での公教育の場で、業務上の通達を内面の自由を主張して無視 
. /  l ⊂⊃      ⊂⊃ .! ヽ する事の是非が裁判で問われた、と、そういうお話なわけです。 
く   .|  i    ー―    ,イi| ,'   〉 
 `ー-k i iヽ.、     / il | /ー '" さて、民主主義という制度のお話から入りますが、これは近代人権思想、つまり 
    N iヽヽ! li ー '|レリレレi/    人間は公教育によって一定の共通認識を有する社会人として教育が可能であり、 
       /ヽヽ />、       そうした社会人が等しい政治的権利を有して政治参加することで、よりマシな政治 
       ヽ  ヽY/  >       を行う事ができるはず、という考え方の元に運営されている制度です。 

 これは、人間は教育によって社会性を獲得できる、という前提があってのことであり、それ故に義務教育という形で 
一定年齢の未成年者を強制的に収容し、多くの知識を覚えさせるわけですね。 
 つまり、民主主義という制度を確立し、運営するには、非常に多くの知識の詰め込みが必要であるわけです。それら 
の知識のひとつが公民教育であり、人権思想や公共性の尊重といった考え方であるわけです。 

 では、「君が代問題」とは、学校教育の場において、必要性が無い教育の強制であったのでしょうか? 
 





277 名無し まじかる☆アンバー ◆cDIj6u5gc.  sage 2006/09/22(金) 10:04:43 株 ID:??? BE:?-BRZ(1043)

     ,.  '"´ ̄ `` ー .、 
 r─、/_          \- -- ┐ ここで面白いのは、「君が代問題」を自由と民主主義に対する脅威、と、主張 
 l  /´            ヽ   | する事はあっても、公教育の観点から君が代斉唱の是非を論じる人がいない、 
 | イ .//  // .ハ i、 、  , .',  .| という点でしょう。 
 | / / !  // ./ l .l i  !l  i  .!  | 
 L{/レヘ /iハ/ ヽ|ヽiヽトkヽl  |__,」 公教育とは、つまり人間未満の子供を、社会参加できるだけの知識を持たせる 
  /' | /===    ===l  !ヽ 事であり、つまり社会を社会として認知し、その中でいかに生存していくか、それ 
. /  l ⊂⊃      ⊂⊃ .! ヽ を教える事でもあります。 
く   .|  i    ー―    ,イi| ,'   〉つまり、公教育の前提は社会という人間の協同集団が所与の条件として存在 
 `ー-k i iヽ.、     / il | /ー '"するのであって、その社会にいかに適応するか、という観点から教育を述べる 
    N iヽヽ! li ー '|レリレレi/    必然性が発生する事になるのですね。 
       /ヽヽ />、 
       ヽ  ヽY/  > さて、制度としての国歌は、まず国家という存在が前提として存在し、その国家を国家た 
らしめる儀礼のひとつとして、国際社会における必然性があって設定されている制度
であります。 
 この制度が存在し、その制度に対していかなる態度を示す必要があるか、それは公教育という観点からするなら 
ば、絶対に欠かせない知識となるのは、言うまでもありませんね? お隣りの韓国では度々日本の国旗が燃やされ 
わけですが、つまりそのパフォーマンスは、韓国人は日本という国家を燃やしたいのだ、
と、主張していると国際社会において認識されるパフォーマンスであるわけです。国旗や国歌という存在は、国家という人間集団において 
最上位に存在する制度の象徴であり、その尊重は国際社会において唯一無二の主権者集団である国家同士の 
関係において、互いを尊重するという意思と意図を示す上で象徴性を持つ意味を有するからです。 

 というわけで、公教育においては、国歌や国旗の尊重は、絶対に教育しなければならない存在であるのです。 




279 名無し まじかる☆アンバー ◆cDIj6u5gc.  sage 2006/09/22(金) 10:09:28 株 ID:??? BE:?-BRZ(1043)

     ,.  '"´ ̄ `` ー .、 
 r─、/_          \- -- ┐ さて、今回の君が代問題」ですが、公教育という観点から見ますと、国家と 
 l  /´            ヽ   | 国旗に対する尊重を教育しなくてはならない、という点で極めて重大な問題を 
 | イ .//  // .ハ i、 、  , .',  .| はらんでいる事が判るかと思います。自国の国旗や国歌を尊重しない人間が、 
 | / / !  // ./ l .l i  !l  i  .!  | 他国の国旗や国歌を尊重しないのは自明であり、それが国家間のみならず、 
 L{/レヘ /iハ/ ヽ|ヽiヽトkヽl  |__,」 国際社会においていかなる問題を引き起こすか、現在の韓国という国家が 
  /' | /===    ===l  !ヽ  国際社会において極めて大きなマイナスイメージをもって捉えられている事から 
. /  l ⊂⊃      ⊂⊃ .! ヽ も明らかでしょう。他国の国旗や国歌を尊重しない、という行為は、国際社会に 
く   .|  i    ー―    ,イi| ,'   〉おいては、当然の儀礼を守る事すらできない野蛮人の群れ、と評価されかね 
 `ー-k i iヽ.、     / il | /ー '" ない極めて野蛮な行為であり、それを子供に教えるのは、他国において活動 
    N iヽヽ! li ー '|レリレレi/     する事が当たり前となっている現代の我が国においては重要な意味を有する 
       /ヽヽ />、       事になるからです。 





284 名無し まじかる☆アンバー ◆cDIj6u5gc.  sage 2006/09/22(金) 10:14:32 株 ID:??? BE:?-BRZ(1043)

     ,.  '"´ ̄ `` ー .、 
 r─、/_          \- -- ┐ えー、なんかレスが止まっているみたいなのですが。 
 l  /´            ヽ   |  気が付いたら私の独演会というのは、とてもさびしいのですけれども(汗 
 | イ .//  // .ハ i、 、  , .',  .| 
 | / / !  // ./ l .l i  !l  i  .!  | とゆーわけで、公教育に関して見るだけでも、今回の「君が代問題」はその 
 L{/レヘ /iハ/ ヽ|ヽiヽトkヽl  |__,」 職務上の義務の放棄でしかない、、まずはそういう事になるかと思うので 
  /' | /===    ===l  !ヽ  した、まる 
. /  l ⊂⊃      ⊂⊃ .! ヽ 
く   .|  i    ーっ  し,イi| ,'   〉 >269 名無し因果応報先生 
 `ー-k i iヽ.、     / il | /ー '" とりあえず、上に出ていた「クラウザーさんなミーアタソ」の同人誌って、店舗 
    N iヽヽ! li ー '|レリレレi/    販売していますでしょうか? なんかかなり面白そうなのですが。 
       /ヽヽ />、        とゆーわけで、まさか「ゼロの使い魔」がもう新刊が出ているとは知りません 
       ヽ  ヽY/  >       でした。昨日入った本屋にはおいていなかったのですが。とゆうわけで、今日 
                      仕事にいくついでに早速買ってくるといたします(w 




282 名無し三等兵 sage 2006/09/22(金) 10:12:51 ID:???
>>277 
その「国旗国歌の尊重」をきちんと教育されていないとこの間の韓国の補給艦ような 
恥ずかしいことをやらかしてしまうのですね。 



283 名無し因果応報 ◆4dGOthLouM sage 2006/09/22(金) 10:12:52 ID:???
>>蟹様 
『世界で名誉ある地位をしめたいと思ふ』日本人なればこそ、国際社会で国旗・国家がいかなる意味を持つか。ということですかね。 




288 名無し まじかる☆アンバー ◆cDIj6u5gc.  sage 2006/09/22(金) 10:20:59 株 ID:??? BE:?-BRZ(1043)

     ,.  '"´ ̄ `` ー .、 
 r─、/_          \- -- ┐>282さん 
 l  /´            ヽ   |  つまるところ、そういう事なわけですね。そして、皆表立って口にはしませんが、 
 | イ .//  // .ハ i、 、  , .',  .| 国際社会の儀礼を心得ない野蛮人、と、判断されますと、結局は盧武鉉酋長 
 | / / !  // ./ l .l i  !l  i  .!  | みたいな扱いを受けるようになってしまうわけです。 
 L{/レヘ /iハ/ ヽ|ヽiヽトkヽl  |__,」 
  /' | /===    ===l  !ヽ  >283 名無し因果応報先生 
. /  l ⊂⊃      ⊂⊃ .! ヽ  もう完全に仰る通りで、慣行や儀礼を尊重しない人間は、誰からも尊敬されず、 
く   .|  i    ーっ  し,イi| ,'   〉名誉ある地位にはつけないわけです。 
 `ー-k i iヽ.、     / il | /ー '" 
    N iヽヽ! li ー '|レリレレi/ 実社会でも、社会的慣行を無視する人間は、まともなビジネスの相手として扱っても 
       /ヽヽ />、  らえませんよね? つまりはそういう事であるわけです。「君が代問題」で提訴した教員 
       ヽ  ヽY/  >  らは、つまりは社会的慣行を無視しても構わない、と、そう主張しているわけで、それは 
個人の政治的主張であるならば別に構わないわけですが、しかしそれを職務の遂行の上で主張し、職務上の通達 
を無視し違反する根拠とする事は、社会通念上許されない、
と、そういう事になるでしょう。 

 彼らは、そうした教育を受けた生徒が、実社会において「野蛮人」として
扱われる事を望んでいる
という事になる
わけですから。尊敬と名誉のある社会人として社会に参加するための基礎教養を持たせる事が、公教育を授ける 
側の義務であるならば、彼らはその義務を放擲しているといえるでしょうね。 









293 名無し まじかる☆アンバー ◆cDIj6u5gc.  sage 2006/09/22(金) 10:25:55 株 ID:??? BE:?-BRZ(1043)

     ,.  '"´ ̄ `` ー .、 
 r─、/_          \- -- ┐ とゆうわけで、民主主義という制度の観点一つから見ても君が代問題」の 
 l  /´            ヽ   | 教員らは、職務放棄という許されざる大罪を犯し、しかもそれを全く反省して 
 | イ .//  // .ハ i、 、  , .',  .| いない、という事が明らかになったわけですね。 
 | / / !  // ./ l .l i  !l  i  .!  | 
 L{/レヘ /iハ/ ヽ|ヽiヽトkヽl  |__,」 とゆうわけで、お客様がいかなる民主主義という制度の下で、この「君が代問題」 
  /' | /===    ===l  !ヽ が、民主主義と自由に対する侵害なのか、そのお考えを説明願いたいものです。 
. /  l ⊂⊃      ⊂⊃ .! ヽ 
く   .|  i    ー―    ,イi| ,'   〉>286さん 
 `ー-k i iヽ.、     / il | /ー '" あえて言うならば、この「ですが」スレが軍事板有志による私塾ですから(w 
    N iヽヽ! li ー '|レリレレi/ 
       /ヽヽ />、 
       ヽ  ヽY/  > 




291 名無し三等兵 sage 2006/09/22(金) 10:24:48 ID:???
今回のアレは職務放棄しても「おしかり」だけで、のうのうと食って行ける教員と 
頭のおかしい地裁とのコラボであって。 
この両者を民間なら当たり前の処分が出来ない所がなんとも。 
やっぱこいつら貴族じゃないか。 


特に裁判所の無能っぷりは凄いですな。 




292 名無し三等兵 sage 2006/09/22(金) 10:25:21 ID:???
>>288 
しかしそのような「社会通念上許されないこと」にGoサインを出してしまう裁判官というのは 
どうしたもんですかねぇ。 
もう「世間知らず」とかいうレベルを超えてるといいますか、遵法精神を教育する側の横紙破りを 
最も遵法精神を持つべき判事が肯定するのは頭が痛いといいますか…… 
まあ地裁レベル以上に上がれないでしょうが、地裁にいるだけでも頭痛が。 





298 名無し三等兵 sage 2006/09/22(金) 10:27:13 ID:???
>>291 
東京地裁全体の問題にしてやるな。 
どうせいつものように、あの素敵な判決を出しまくる裁判官様にあたるまで 
訴訟と取り下げを繰り返したんだろうからさw 



311 歯ミングバード ◆ILubYY5/uk sage 2006/09/22(金) 10:44:19 ID:???
>>298 
ステキなルーレットですね。 
回数制限つけたいところですけど 




302 名無し まじかる☆アンバー ◆cDIj6u5gc.  sage 2006/09/22(金) 10:30:03 株 ID:??? BE:?-BRZ(1043)

     ,.  '"´ ̄ `` ー .、 
 r─、/_          \- -- ┐>291さん、>292さん 
 l  /´            ヽ   |  だって、我が国の司法制度は、文字通り我が国に残る最後の科挙制度の残滓 
 | イ .//  // .ハ i、 、  , .',  .| ですから。本来は判事も地域住民による選挙による信任が必要かと私は考え 
 | / / !  // ./ l .l i  !l  i  .!  | ておりますが、現実には司法試験と裁判所による試験の二つに合格すれば、 
 L{/レヘ /iハ/ ヽ|ヽiヽトkヽl  |__,」 どんなに人格的に問題があっても裁判官になれますから。 
  /' | /===    ===l  !ヽ   同様の問題は、検察官や弁護士にも言えますが、両者はまだ政治的に掣肘 
. /  l ⊂⊃      ⊂⊃ .! ヽ しうる余地があるわけですね。しかし裁判官は、一切掣肘を受けず、自身の心証 
く   .|  i    ー―    ,イi| ,'   〉でいくらでもすき放題、一切の社会的通念や常識を無視してすき放題できます 
 `ー-k i iヽ.、     / il | /ー '" から。まさしく司法ファッショの温床ですね。 
    N iヽヽ! li ー '|レリレレi/ 
       /ヽヽ />、 
       ヽ  ヽY/  > 




296 名無し三等兵 sage 2006/09/22(金) 10:26:54 ID:???
>>293 
あー、なんかお客さんお帰りの模様ですよ。 





299 TFR ◆ItgMVQehA6 sage 2006/09/22(金) 10:27:35 ID:???
>292 
裁判官の選任罷免の制度整備が必要かもしれません。 

高校レベルの論理学が判らない裁判官が実在するとまでは信じませんが、かなり酷い例はありますし。 




301 流離いのプログラマ ◆yzjl8ulNOc sage 2006/09/22(金) 10:28:35 ID:???
>>293
詰まるところサヨクさんは日本が宗主国様に隷属しないことが気にくわないだけです
その不満に後付で理由を付けるから破綻するだけなんですよ





306 名無し まじかる☆アンバー ◆cDIj6u5gc.  sage 2006/09/22(金) 10:37:46 株 ID:??? BE:?-BRZ(1043)

     ,.  '"´ ̄ `` ー .、 
 r─、/_          \- -- ┐>295 名無し因果応報先生 
 l  /´            ヽ   |  わざわざありがとうございます。というわけで、早速注文してしまいました(w 
 | イ .//  // .ハ i、 、  , .',  .| 
 | / / !  // ./ l .l i  !l  i  .!  | >296さん 
 L{/レヘ /iハ/ ヽ|ヽiヽトkヽl  |__,」 あー、それは残念ですね。次は近世啓蒙思想から近代人権思想への変遷と、 
  /' | /  ___     ___   l  .!ヽ それに伴う絶対者としての国家という制度についてお話をしようかと思っていた 
. /  l i ´ ̄`   ´ ̄` l   ! ヽ わけですが。 
く   .| ⊂⊃ i ̄ ̄ i ⊂⊃ ,'   〉 
 `ー-k i iヽ.、ゝ.,__,ノ / il | /ー '" >299 TFRおやびん 
    N iヽヽ! li ー '|レリレレi/     現状の医療裁判における無茶苦茶さ加減を見ますと、仰る通りの制度改革が 
       /ヽヽ />、      必要でしょうね。少なくとも現在の裁判所は、事実上求められる機能を発揮して 
       ヽ  ヽY/  >      いるとは言いがたいですから。 
>301 流離いのプログラマさん 
 本当に仰る通りですね。この手の中国や半島礼賛は、実に太平記の騒乱の頃からすでにあった事象だけに、我が 
国がいかに昔から変わっていないかを示す事例かと思ってもおります。近いところでは、戦前の大陸主義者などが 
良い例
かとも思っておりますが。 







304 名無し三等兵 sage 2006/09/22(金) 10:32:12 ID:???
政治問題を司法の場に持ち込んでどうにかしようという戦術って 
いつどこが創めたんだろうか? 
今やサヨクさんたちの最後の拠り所になっているけど 






308 名無し因果応報 ◆4dGOthLouM sage 2006/09/22(金) 10:39:31 ID:???
>>304 
数うちゃ当たる式でやってるんでしょう。 
もっとも、司法判断の実効性を決めるのは立法府の立てた法なわけですから(当たり前)、そういう意味で最悪の事態は免れているかと。 
三権分立は大事ですね。 

まあ我が国では 

立法 内閣・議会 
行政 省庁 
司法 裁判所 

になっちゃってるところを何とかしようと現在進行形でもありますけれど。 




309 名無し三等兵 sage 2006/09/22(金) 10:39:35 ID:???
やはりここは市民裁判の出番ですね!!11!!11!!1 





307 名無し三等兵 sage 2006/09/22(金) 10:37:53 ID:???
>302 蟹様 

9条改正より、そちらの改正のほうが急がにゃヤバイと思うのですが。 
権威(公教育)(司法)を軽蔑する多数の国民、寒気がします。 






310 名無し まじかる☆アンバー ◆cDIj6u5gc.  sage 2006/09/22(金) 10:43:59 株 ID:??? BE:?-BRZ(1043)

     ,.  '"´ ̄ `` ー .、 
 r─、/_          \- -- ┐>307さん 
 l  /´            ヽ   |  司法制度の改革は、我が国の制度改革においては最大の難所であり、これに 
 | イ .//  // .ハ i、 、  , .',  .| わずかでも触れようとしますと、警察、検察、法務省、裁判所、こうした諸々全て 
 | / / !  // ./ l .l i  !l  i  .!  | を敵に回すわけですね。実際、元警察官や検察官の議員らが、数十人単位で 
 L{/レヘ /iハ/ ヽ|ヽiヽトkヽl  |__,」 改革案を潰すのはいつものことですし、それだけに一種のタブーとすらなって 
  /' | /===    ===l  !ヽ  しまっておりますね。 
. /  l ⊂⊃      ⊂⊃ .! ヽ 
く   .|  i    ー―    ,イi| ,'   〉 同 和 利権や宗教利権と同様に、司法利権というものは、マスコミが絶対に手を 
 `ー-k i iヽ.、     / il | /ー '" 触れないものの一つというわけです。本当に我が国には闇の部分が多いです。 
    N iヽヽ! li ー '|レリレレi/ 
       /ヽヽ />、 
       ヽ  ヽY/  > 


 なるほどなぁ、と。(文中に出てきた盧泰愚大統領の扱いに関してはhttp://d.hatena.ne.jp/settu/20060915/p1辺りを参照。)
 という訳で、主に公教育の観点から国旗国歌問題に関して論じられ、さらに司法制度そのものの話についても述べられている訳ですが、とかく、国旗国歌問題に関して問題点がすっきり纏められているかと思います。「彼等は生徒が野蛮人として扱われることを望んでいる」という指摘は強烈ですが、なるほどまさにその通り、となるかと。
 
 

 メモ:あと、この問題に関しては、
【国旗・国歌】 「先生の言うことを聞きなさい」→「思想信条の自由です」と反論されたらどうするのか?…東海新報 世迷言[09/23]★5
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1159063794/

東海新報のシンプルな突っ込みにワロタw



(追記)参照:例の国旗国歌訴訟がらみの四方山http://d.hatena.ne.jp/settu/20060922/p3