「軍命令は創作」初証言 渡嘉敷島集団自決/背負われていた十字架

「軍命令は創作」初証言 渡嘉敷島集団自決 元琉球政府照屋昇雄さん
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/16661/

 照屋さんは、昭和20年代後半から琉球政府社会局援護課で旧軍人軍属資格審査委員会委員を務めた。当時、援護法に基づく年金や弔慰金の支給対象者を調べるため、渡嘉敷島で聞き取りを実施。この際、琉球政府関係者や渡嘉敷村村長、日本政府南方連絡事務所の担当者らで、集団自決の犠牲者らに援護法を適用する方法を検討したという。
 同法は、軍人や軍属ではない一般住民は適用外となっていたため、軍命令で行動していたことにして「準軍属」扱いとする案が浮上。村長らが、終戦時に海上挺進(ていしん)隊第3戦隊長として島にいた赤松嘉次元大尉(故人)に連絡し、「命令を出したことにしてほしい」と依頼、同意を得たという。
 照屋さんらは、赤松元大尉が住民たちに自決を命じたとする書類を作成し、日本政府の厚生省(当時)に提出。これにより集団自決の犠牲者は準軍属とみなされ、遺族や負傷者が弔慰金や年金を受け取れるようになったという。
 照屋さんは「うそをつき通してきたが、もう真実を話さなければならないと思った。赤松隊長の悪口を書かれるたびに、心が張り裂かれる思いだった」と話している。
 300人以上が亡くなった渡嘉敷島の集団自決は、昭和25年に沖縄タイムス社から発刊された沖縄戦記「鉄の暴風」などに軍命令で行われたと記されたことで知られるようになった。作家の大江健三郎さんの「沖縄ノート」(岩波書店)では、赤松元大尉が「『命令された』集団自殺をひきおこす結果をまねいたことのはっきりしている守備隊長」と書かれている。

 ただ、赤松元大尉の思いは、歴史の流れのなかで踏みにじられてきた。
 45年3月、集団自決慰霊祭出席のため渡嘉敷島に赴いた赤松元大尉は、島で抗議集会が開かれたため、慰霊祭に出席できなかった。中学の教科書ではいまだに「『集団自決』を強制されたりした人々もあった」「軍は民間人の降伏も許さず、手榴弾をくばるなどして集団的な自殺を強制した」(日本書籍)、「なかには、強制されて集団自決した人もいた」(清水書院と記述されている。

 「厚生省の課長から『赤松さんが村を救うため、十字架を背負うと言ってくれた』と言われた。喜んだ(当時の)玉井喜八村長が赤松さんに会いに行ったら『隊長命令とする命令書を作ってくれ。そしたら判を押してサインする』と言ってくれたそうだ。赤松隊長は、重い十字架を背負ってくれた

 「赤松隊長が余命3カ月となったとき、玉井村長に『私は3カ月しか命がない。だから、私が命令したという部分は訂正してくれないか』と要請があったそうだ。でも、(明らかにして)消したら、お金を受け取っている人がどうなるか分からない。赤松隊長が新聞や本に『鬼だ』などと書かれるのを見るたび『悪いことをしました』と手を合わせていた。赤松隊長の悪口を書かれるたびに、心が張り裂ける思い、胸に短刀を刺される思いだった。玉井村長も亡くなった。赤松隊長や玉井村長に安らかに眠ってもらうためには、私が言わなきゃいけない」


 これはまた、大きな話が来たものですね。
(追記:無論、この証言自体を疑うこともできる、真実とは断言できない、という見方もできるでしょう。また、従軍兵士の方の(とりわけ左傾の人がしばしば証拠として使うような)「証言」とかが、非常に疑問的なものだったりする場合があることも事実です。ですが、下記スレ>>78が言うように、これは、実名での「当事者」の証言、しかも、当時の琉球政府の人の証言なのですね。その意味は重たいと考えても良いのでは、と思います。)




【社会】 「ウソをつき通してきたが…。"日本軍の命令で自決"話、実は創作」 渡嘉敷島集団自決で、初証言
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1156647628/

10 名無しさん@6周年 sage New! 2006/08/27(日) 12:03:54 ID:7DW4F5uM0
NTVのドラマで沖縄戦やったばっかりなのにwwwwwwwwwwwwwww



17 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:04:44 id:v3dfCu2G0

軍命令で自決とか聞いたこと無いけど
捕まったら拷問されるとかの洗脳で
間接的にやったなら判ってるけど



23 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:05:14 id:ySMWy99K0
赤松大尉のおかげで給付貰えてたのに
その恩人を皆で非難し続けたんだからな、良心が咎めない方がおかしい


37 名無しさん@6周年 sage New! 2006/08/27(日) 12:06:45 id:T7RqRvuv0
まぁねぇ、こういう捏造は現地住民がする分には
許されないけど同情する部分もあるんだよね。
バカ日新聞とかがやるのは論外だけど。



40 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 12:06:49 id:s2GyLnXSO
俺は生粋のネット右翼だけど、
こういう証言でも裏が取れるまで鵜呑みにしてはいけないと思う



42 大江健三郎 sage New! 2006/08/27(日) 12:07:14 id:N3z9giyi0
(∩゜д゜)アーアーキコエナイ


43 名無しさん@6周年 sage New! 2006/08/27(日) 12:07:15 id:TLhsavhB0
朝日や毎日はスルーだな。(w



45 名無しさん@6周年 sage New! 2006/08/27(日) 12:07:23 id:eZNqUXYl0
>>23
赤松大尉の遺族の救済が問題になるね。誰がそれをするのかね。



46 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:07:25 id:kUQjsslX0
>>17
お前が無知なだけ、学校の教師なんかが散々取り上げてきた
これなにげにものすごい爆弾発言だぞ…




53 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:08:15 ID:/MOupJ6z0
大晦日のNHKでも沖縄の自決をやってたなあ。
気持ち悪くて変えちゃった。





54 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:08:22 ID:fU+uMeiO0
サムライだな




61 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:09:23 id:HbKYRs1C0
>>1
沖縄では常識な話です。
当時の集団自決は住民のリーダーが決定し実行したんだ
戦後は、そのリーダーたちが地域の実力者であり続けたから
住民たちも声を上げられなかった。



63 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:09:43 id:HLDU10xm0
>>1
軍事研究でコレについて連載してたな。

纏められた本が出版されてたはず。
著者は違ったと思うけど


64 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:09:48 ID:+7Nb0ra80
おいおい、これってさりげなく凄い事言ってね?w
歴史教科書がひっくり返るぞ


65 名無しさん@6周年 sage New! 2006/08/27(日) 12:09:56 id:J24Oo0n00
YJに時々載ってた沖縄漫画なんかは、どうなるんだろね
フィクションだからって言い張るんだろうか・・・




67 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:10:03 id:c6MMUydA0
「命令を出したことにしてほしい」と依頼、同意を得た
良い人が裏目に出たんだな、後でワルにされるとは考えなかったと・・・





71 名無しさん@6周年 sage New! 2006/08/27(日) 12:10:12 id:bpMlTO3L0
やべ赤松大尉のこと思ったら涙出てきた。
マジで。



72 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:10:17 ID:+p8DBCgh0
ボロクソ言われても耐え忍び、秘密を死ぬまで黙ってた赤松隊長、マジ漢。


73 名無しさん@6周年 sage New! 2006/08/27(日) 12:10:18 id:C6GxVczc0
朝曰のヒットマンが沖縄に向かいました



77 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:10:29 id:bN34bYBZ0
よく告白なさいました。
悔いを残したくなかったんだな


78 名無しさん@6周年 sage New! 2006/08/27(日) 12:10:36 id:hA99yS+p0
>>40
実名での当事者からの証言だから
永田メール富田メモ等とは全く違うだろ。


たしかに鵜呑みにするのはよくないが、おそらく真実であろう事は想像に難くない。




79 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:10:38 id:jkxOWsF80
沖縄県民斯ク戦ヘリ
県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ

赤松大尉も、これと同じ精神で、戦後の沖縄県民のことを考えて、
少しでも手厚い扱いを受けるために、事実を捻じ曲げたんだろう。



83 名無しさん@6周年 sage New! 2006/08/27(日) 12:10:56 ID:53EU7UBp0
もし逆の話なら、明日の朝日一面トップ確実。
「旧日本軍関与による沖縄集団自決に新たな証言」
ってな見出しで


84 名無しさん@6周年 sage New! 2006/08/27(日) 12:10:58 ID:5P5XO4OM0
大江健三郎.....またおまえか.....
たしかこいつ、韓国で小泉来韓したら襲えって学生煽動してたな。




86 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:11:10 id:cVUzmG5G0
住民に対する十分な法律を整備できなかったことも問題だな。
この人も赤松隊長もその中で住民に尽くしたわけで、叩くことではないだろう。




91 名無しさん@6周年 sage New! 2006/08/27(日) 12:11:23 id:CxXtEujC0
沖縄の人間を責めるべきじゃない
援護法による補償を得るために必要だった嘘なら、
敢えて騙されてやるのが「後世格別のご高配」ってもんだ

そのために悪人に仕立てられた隊長はいい迷惑だろうが、
それも軍人ならば仕方がない、「A級戦犯」と同じ醜の御盾だ

だが断じて許してならないのは、このことを利用しているサヨク反動、
支那朝鮮の手先どもだ




97 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:12:02 id:FGHz+l2t0

これって知ってる人は大昔から知ってる話。
旧軍の関係者も、「住民がお金を貰えるなら、悪者になっていい」
黙っていた話。


113 名無しさん@6周年 sage New! 2006/08/27(日) 12:13:17 ID:2IQg6fcX0
>>27
そうじゃなくて自分の意志で死んだんだけど、それじゃあ戦後補償が制度上
受けられないから、軍人さんにお願いして軍から命令を受けて(軍属扱い)
自殺したことにしてもらったんだよ

当時の自殺に追い込まれる状況も
死んだ人の遺族が補償を貰えないと困る心理も、
その上で自分が悪者になることを承知したこの軍人さんも偉いと思う

まあここまで叩かれるとも思ってなかっただろうとは思うが
たぶんこんな話はいっぱいあって、軍人さんが断った例や未だ発覚していない
例も無数にあるんだろうけど、当時は美談というかある程度当たり前の光景だった
ような希ガス


114 名無しさん@6周年 sage New! 2006/08/27(日) 12:13:20 id:plWVXmX+0
ノーベル文学賞からノーベル創作賞へ




167 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:17:38 id:GNQphI8+0
照屋昇雄さん真実を告白してくれてありがとう。
勇気のいることであり、誰も貴殿を責めることはできない。
今後は気の休まる人生を送ってください。
このような勇気のある告白者を責めるものは
偽者右翼だと断言する。


233 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:22:37 id:QVbHR8ex0
なんか泣けてきた。
照屋さん良く言ってくれた。赤松大尉・・・辛くなかったのかな・・・
大江は「小泉には玉子ぶつけてヨシ」まで言ってた
ちゃんと頭下げるべきだ。




211 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:20:57 id:V3yIJ2NT0
赤松元大尉の名誉が回復されたことはよいことだが、枡ゴミは無視してないか?




234 名無しさん@6周年 sage New! 2006/08/27(日) 12:22:44 id:ac4+0gHf0
>116

いや、ここはよくぞ話してくれましたと言うべきでしょう。
残された住民達が生きるためについた嘘とはいえそれを
60年間も抱え込んできたんだぞ?その苦悩は計り知れまい。




236 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:22:50 ID:fU+uMeiO0
照屋さんもサムライだな
赤松氏が悪く言われてるのは辛かっただろうな


237 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:22:53 id:DAIbwQRP0
>>67
そういうことだろうな。最初お金をもらうために力を貸したつもりが、変な方向に
流れてアカの道具にされてしまった。ただ、自分の名誉が汚され続けても村民
のために黙り続けていたというのは凄いな。並の人間に出来ることではないな。


238 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:22:54 id:wjss9vsM0
ここら辺の詳しい話は「軍事研究」って雑誌に連載されてた。
赤松氏も沖縄の人も責める気にはなれなかった・・・。

ただこの事件を都合よく利用したマスゴミへの怒りは増したね。






241 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:23:07 id:kiy77vy30
>>212
今の日本にこんな事が出来る人間いるかな…とにかく凄すぎる。






243 名無しさん@6周年 sage New! 2006/08/27(日) 12:23:17 id:bpMlTO3L0
>>215
オマエみたいなチンカスにはわからんだろうが、赤松大尉は
自らの汚名と引き換えにこの老人の人生を支えたんだよ。
同じことは、今の世代を生きるオレにも言えることだ。






653 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:49:58 id:Tpfym2Yu0
(-@∀@)φ命令が有ったか否かはもはや問題ではない。住民が集団自決を選択したその背景には
天皇の為に死ぬことこそが正しい道だと教える教育があったからなのだ。
翻って昨今の教育基本法改正に愛国心教育がry

てのが素で出てきそうだが。



673 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:51:05 id:DF9/c1Kt0
赤松大尉の同意は一生貫き通す覚悟の上でだろうな。

ちゃんと真実を調べもしないで騒いだ連中の方が悪人だな。

大江も書いた以上はどんな理由があろうと責任は果たすべき。
例え真実を知らずに書いたとしても、黙って謝罪するべき。

御託を並べだすなら低脳風俗記者以下って事じゃね?


674 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:51:06 id:Zl1JrgCU0
>>638

オまいは、今の価値観で当時を語ってるだけ。

ブサヨと何もかわりない。


675 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:51:07 id:OZLBOTwa0
終戦当時は暗黙の了解で大尉を非難する人なんざ皆無だったんだろう。
で、時間がたつに連れて、国内のサヨク連中に散々利用されるようになって、
一躍、大悪人にされてしまったんだわな。マジカワイソすぎる。>大尉
正直当時の米軍は恐ろしかった。まあ人種差別も激しい国だったから、
占領されるなら死んだ方がマシっつう考えも理解できるわな。


676 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:51:09 ID:+34ndMuH0
こういう話聴くと、なんだかなあって言う気分になるよな。確か、沖縄の遺族会
の人も、小泉に、靖国産廃感謝したとか言うのも記事になってた品。


 人知れず、赤松元大尉が独りで背負っていた。重い十字架。
 スレにもありましたが、せめて、生前に名誉回復が為されていれば、とは思います。

赤松隊長が余命3カ月となったとき、玉井村長に『私は3カ月しか命がない。だから、私が命令したという部分は訂正してくれないか』と要請があったそうだ。」


 この言葉を伝えた時、赤松元大尉はどんな気持ちだったのか。


 けれど、


「でも、(明らかにして)消したら、お金を受け取っている人がどうなるか分からない。」


 ということで、結局生前の名誉回復は果たせなかった。


 悲しい話です。とかく、こういう話が少しでも明らかになっただけでも、よかったことなのだ、とは思いたいのですが。

 


 何にせよ、

31 名無しさん@6周年 New! 2006/08/27(日) 12:06:12 ID:+Nr2szGUO
島民側にも苦しい事情があったわけで…悪いのはそれを利用した側だと思うんよね。

 

 これがファイナルアンサーだろうとは思うのですが。
  
 

「うそをつき通してきたが、もう真実を話さなければならないと思った。赤松隊長の悪口を書かれるたびに、心が張り裂かれる思いだった」

 
 これもまた、本当に哀しい言葉だと思います。