小泉総理靖国参拝と、靖国参拝会見/小泉総理を拒絶した中韓が見るもの

 今日、8月15日、小泉総理が靖国神社に参拝しました。
 そして、その後メディアを前にして、靖国参拝に関して会見を行いました。
 映像を見ましたが、とても感銘を受けました。
 国民に向けて、非常に素直な言葉で、参拝の意味、意義を語ったのです。この会見は、これまでの靖国問題の非常に分かりやすい総括になっていると思います。

 映像は、
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20060815/20060815-00000038-nnn-pol.html
 で全体を見ることが出来ます。

 また、youtubeでは、不完全版のようですが
http://www.youtube.com/watch?v=KAyLT7b-dZg
 にUPされているようです。
 
 映像verで一度ご覧いただけたらと思うのですが、それはともかく、「小泉総理は運が強すぎる まとめページhttp://yasz.hp.infoseek.co.jp/さんの、
http://yasz.hp.infoseek.co.jp/log2/20060815comments.htm
にてテキスト起こしの全文がUPされています。
 
 これを一読して頂ければ分かると思うのですが、非常に分かりやすいです。マスコミの恣意と悪意に満ちた「解説」などわざわざ参考にする必要もありません。何事も、一次ソースが一番な訳ですから。
 
 そしてまた、これはなかなか皮肉の効いた会見にもなっています。

中にはね、小泉はアメリカと親しい、と。アメリカのブッシュ大統領靖国を参拝するなと言えばしないだろう、と。そんなことはありません。ブッシュ大統領靖国に参拝するなと言ったとしても私は行きます。

 と言った後で、

もっともね、ブッシュ大統領そんな大人げないことは言いませんけどね。

 と、さりげなく、そういうことを言う勢力、人々を「大人げない」と切り捨てたり。
 
 

いろいろな説明や他のことも言いたいんですけど、いちばんマスコミが取り上げるのは靖国参拝のことでしょ。そういうのは止めた方がいいと言っても聞かないですから。マスコミは。いつでもこだわってるのはマスコミじゃないでしょうか。或いは私に反対する方々じゃないでしょうか。

 と、「誰が」問題にしているのか、と指摘したり、と。この「いろいろな説明や他のことも言いたいんだけど」は本心なのだろうなぁ、と思います。本気で残念がっているのだろうなぁ、と。
 
 
 
 さて、それはともかく。今回の会見全文で、個人的に注目すべきは、次の部分だと思っています。

私は日中日韓友好論者なんです。

 
 重要なのは、小泉さんは、本心からこれを言っているであろう、ということなのです。
 マスコミは、小泉さんの発言を「ワンフレーズ・ポリティクス」と卑下したりしますが、何故、「ワンフレーズ・ポリティクス」が成立するのでしょうか。しかも、小泉さんに限って。
 分かりやすい言葉、で国民やマスコミに対して発言をする政治家は小泉さんだけではありません。民主党の「庶民派」議員や、かつての青島、或いは最近落選した田中長野知事。彼らも言わば無党派、非政治家、そして分かりやすい言葉、庶民としての言葉を売りにしていた筈です。しかし、結局受け入れられなかった。

 しかし、小泉さんの「ワンフレーズ・ポリティクス」は今でも成立している。

 何故か。それは、小泉さんの言葉は、そこに真実を含んだものであるからでは無いでしょうか。結局のところ、内実を伴わない空虚な言葉は響かないものです。特に、政治家という人種に於いては。だから前述の皆さんは、拒絶された。(知事というポジションで考えるなら、彼らと同じ知事でありながら、今もまだ知事で在りつづけている、石原東京都知事と対比しても分かりやすいでしょう。)そして、空虚なものでない、内実のある小泉さんの言葉は今も国民に響く。そういうことだと思うのです。言葉が真実であるならば、「ワンフレーズ」であるが故に、そこにマスコミが手を加える余地は無くなる。
 だからこそ、響く。記憶に残る。
 そう、小泉さんの「ワンフレーズ」は、そういうものでは無いでしょうか。
 ですから、「感動した!」と言えば、本気で感動しているのであり、「郵政民営化」と言えば、本気で郵政民営化をしようとしているのであり、「自民党をぶっ壊す!」と言えば、本気で自民党をぶっ壊そうとしているのです。(考えてもみて下さい。まだつい最近の、小泉さんが総理になる以前の、派閥全盛、密室政治全盛の頃の自民党では、今回の安倍さんのように「国民の人気が高い」候補が、そのまんま、それを最大の切り札として総裁総理を狙える、なんてことは殆ど考えられなかったのです!)

 思うに、小泉さんは政治家としては珍しいまでに正直な人では無いのでしょうか。(逆に、その対極に位置するのが例の「ひからびたチーズ」/「ミモレット」の人、即ち「ヤオ」などというプロレス用語のあだ名までもネットで授かったりもしている、キングメーカーたる森前総理と言えるかも知れません。)
 
 そして、もしそうだとするならば。

 
「私は日中日韓友好論者なんです。」
 

 この小泉さんの発言は、何を意味するのでしょうか。
 思えば、小泉さんは就任当時から、自らが日中日韓友好論者である、ということを言い続けて来ました。ことあるごとに、日中友好、日韓友好、と。
 
 言うまでもなく、小泉さんは、この二ヶ国が単純に「好きだから」こう言っているのでは無い、と思います。そうではなく、日中友好、日韓友好が、国益に適うから。近隣諸国外交が円満であるのは、日本に取ってもマイナスな話ではないから。
 
 外交は、Win-Win、双方にとって利益のあるもので無ければ長続きしません。友情は、お互いが共に幸せであってこそ。利用し、利用されてこそ。それが国際政治の現実なのでしょう。(勿論、本音はもっと生々しいものでしょうが、取り合えず。)
 だからこそ、小泉さんは、少々(というか、かなり)困った所のある、この特定アジアの二ヶ国との友好を試み、実行しようとして来たのでしょう。
 正直なところ、敢えて友好しない、友好を強化しない、という選択肢もあるのです。逆に、それこそ将来的な対立を見越して、対馬海峡を境界として特定アジアを切り離す。適当に対立を煽って、適度に関係を冷え込ませ、後は政治的には放置する。経済関係も、向こうが破綻すればそこでお終い。その後は、それこそ機雷でも蒔いてしまえ。極論すれば、そういう風に持っていくことも出来た訳です。だが、小泉さんはそうしなかった。どこまでも「日中日韓友好論者」であり続けようとした。
 
 しかし、中国、あるいは韓国はどうして来たか。
 常に靖国を批判し、反日デモ、アジアサッカー、日本海油田、竹島等で強硬な態度を取り続けて来ました。そしてまた、今日も批判コメントを出しています。いつものことですが。「強硬な政策云々」とも言っているようですから、何かやらかす気かもしれません。これもまた、いつものことかも知れませんが。

 つまるところ、結局今日に至るまで、これらの国々は小泉さんの「友好」を、小泉さんの差し伸べる手を拒絶し切ってしまったのです。
 
 日本の一部勢力、或いは中国韓国に、小泉さんの「次」は、日中日韓友好を重視して欲しい、アジア外交を「修復」して欲しい、なんてコメントを言っている人々が居ます。というか、今日も居ましたね。経済同友会でしたか。あの辺。
 
http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe6700/news/20060815ib01.htm

 今年5月に首相の靖国神社参拝中止を求める提言を行った経済同友会の北城恪太郎代表幹事は、「国のために命を捧(ささ)げられた方々に対する衷心からの追悼の意を示したものと思う」とした上で、「次期首相には、わが国の安全と繁栄の確保に向けて、世界各国との相互理解と信頼の構築に資する外交政策を立案・実行していただきたい」と注文した。

 日本商工会議所山口信夫会頭も、「コメントは控えるべき」としながらも、「近隣諸国との良好な関係の構築は、次期首相の大きな課題」と指摘した。

http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe6700/news/20060815i104.htm

 【北京=杉山祐之】中国外務省は15日、小泉首相の同日の靖国神社参拝について、「日本軍国主義による侵略戦争の被害国人民の感情を深く傷つけ、中日関係の政治的基礎を破壊する行為に強く抗議する」との声明を発表した。

 李肇星外相は同日、宮本雄二・中国大使を呼んで抗議した。声明は、「首相は歴史問題で中国人民の感情を傷つけ続けた」などとし、首相個人への批判を強く打ち出した。

 声明は同時に、「ポスト小泉」をにらみ、「日本各界の有識者が政治的障害を除去し、中日関係を早く正常な発展の軌道に戻すために力を尽くすと信じる」とし、後継首相が靖国参拝を行わないよう暗に求めた。

 時期首相、次期首相。さっさと次へ代わってくれ、と。そっちに期待するからもういいよ、と。そういう訳ですね。この人たちは。
 

 
 個人的に、これほど噴飯ものの発言は無いと思います。


 ぶっちゃけ、なのです。

 
 小泉さんとですら友好を最後まで構築出来なかった彼らが、一体誰と友好を構築出来る、というのだろう?

 
 先ほど述べたように、外交とはWin-Winで無ければなりません。片方だけが嬉しい、では外交は巧く行かない。
 「土下座外交」と揶揄されるような、民主党その他の皆さんの「アジア友好主義」な「進歩的」な皆さんが仮に政権の主導権を握ったとしましょう。そして、「土下座外交」とも言えるようなへりくだった外交を中国韓国との間に展開したとしましょう。それで、一時的に「外交」は巧く行くかも知れない。中国韓国が一方的に大満足、とか自尊心を満たされてハッピー、とかそんな方向で。
 しかし、それは長続きしないでしょう。そのような外交を継続すれば、日本国民の、国民感情の悪化を招くこととになります。そして、政権は破綻することになる訳です。無論、外交関係も。
 
 繰り返しますが、恐らく、小泉さんは本気で日中日韓友好論者だったのです。
 中国韓国がWin-Winの関係構築を望めば、いくらでもそれに応える用意をしていたのです。
 だが、彼らは「靖国」を問題化することで、そこから一方的な利益を引き出すこと、或いは自尊心を得ることしか考えていなかった。他の外交問題点においても、然り。
 
 小泉さんの「次」は、何かどんでん返しでも無い限りは、恐らくは安倍さんでしょう。その次は誰か。分かりません。安倍さんが長期政権を担うかも知れないし、麻生さん辺りが取って代わることになるのか。分かりません。
 
 さて、そんな安倍さんや、或いは麻生さんが、本心として「日中日韓友好」を望むことがあるのでしょうか?
 
 分かりません。本気でそう思うかも知れない。だが、その保証はどこにも無い。

 ご存知の通り、安倍さんは多少直情的、ストレートな方のようにも見えます。向こうが敵対的であるのなら、さっさと自らの姿勢も敵対に持っていく、そんな風になる可能性もある訳です。
 或いは、麻生さん辺りなら、腹の中では舌を出しながら、いけしゃあしゃあと「日中日韓友好は最も大切な課題です」とか言うかもしれません。それこそ、安倍さんでも。いや、むしろその方が政治家としては「普通」ではあるのですが。
 
 また、単純に、状況として、国益に適わないから、もう友好的政策は取りやめる、という展開も考えられます。
 
 なぜなら、この何年かで、日本国民の、中韓への印象は、悪い方に大きく変わってしまったから。寧ろ、「日中日韓友好論者」の小泉さんが総理だったからこそ、尚更そうなってしまった、とも言えます。小泉さんが友好的であろうとしているのに、向こうが一方的に突っぱねている、いくらマスコミが糊塗しようとしても、どうしても、国民にはそう見えてしまう面がある訳ですから。
 となれば、そんな中韓への印象を持っている国民が望まないのに、政府が友好的態度をとりつづけようとすれば、政権の支持率が低下し、政情不安を招くことにもなりかねません。
 当然、それは国益に反することです。だから、もはや友好的政策は取らない。そういう展開も考えられる訳です。
 
 そして或いは、勿論、外交相手が一方的利益を希求する立場を固執するような国でありつづけるのならば、やはり友好的政策を取らない、というのが国益に適うことになります。言うまでも無いことですが。
 
 
 
 つまるところ、小泉総理の政権下だったこの5年間は、中国・韓国にとって、本気でWin-Winな関係を構築し、そこから利益を引き出す、非常に恵まれたチャンスだったのです。
 
 そして、場合によっては、これは最大で、最後のチャンスであった、ということになるでしょう。
 
 小泉さんほどに総理として国民の支持を得て、かつ、本心から、特定アジアの国々、かの困った国々とのWin-Winの友好を願う総理は、そうは現れないことでしょうし、それを国民もそうは望まないでしょうから。
 それに、そもそも戦前から戦後、現在に至るまで「海洋派」*1と、「大アジア派」*2の二大潮流が政治の基本となっている日本に於いて、言わば自民党内の海洋派勢力が政権の大勢となっている現在の状況が続くのなら、中国・韓国とは「適当に」外交を行う、というのが寧ろ自然な流れな訳ですから。
 
 思い出すのは、同じように小泉さんがかつて「ワンフレーズ」として語った、次の言葉です。
 
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200511011359.html

「中国は、日本人の心の問題にまで踏み込んだことを後悔するだろう」

 この言葉もまた、小泉さんの本心である、とするならば。

 その意味するところは、ちょっと穏やかなものではない、ということにもなる。
 小泉さんにしてみれば、これは明確な警告だったかも知れません。
 しかし、彼らはただそれを無視した。或いは、何を意味するか理解出来なかった。いや、理解しようとしなかった。
 
  
 いずれにせよ、もはや、来月には小泉総理は退陣してしまいます。それを、最後まで殆どレームダック期間を持たなかった、理想的な長期政権のしめくくりとして。
 それは、中韓や一部マスコミにとっても待ち望む政権交代かも知れない。だが、それこそがそれらの国々にとっての自国が栄える為の「チャンス」の終焉を意味するものかも知れないのです。
 

「日本人の心の問題にまで踏み込んだことを後悔するだろう」


 或いは、この言葉、言うなれば「予言」ともなる可能性があるこの言葉が指し示すものを、近い将来、小泉総理を拒絶したそれらの国々は見ることになるのかも知れません。
 
 そして、その時初めて、総理の言葉の意味を思い知ることになるのかも知れません。



 そんなことを、思う訳です。
 

*1:親英米、そして海を通じた世界との関わりの中で日本の発展を目指す一派

*2:親アジア、アジア(中国・朝鮮を含む)との経済的・政治的結びつきを強化することで、大アジアの日本としての発展を目指す一派