思い出に残る一戦

RPG ― 思い出に残る一戦http://www.rpgwatcher.com/archives/000329.html(独り言以外の何かさんhttp://d.hatena.ne.jp/Su-37/20051106#1131301662より)

 偽典女神転生のダンダリオンⅡ。基本的にこれ一択で。凶悪だった。
 PC速度依存のリアルタイムRPGという訳のわからない方式の為に、最近のマシンで普通に起動するとそれはもう、猛烈な速度での呪文の連打で。それこそ一瞬で死ねます。(ちなみにwindows版発売は1999年。その当時のマシンの速度が基準ということ)
 偽典系スレではかならず話題になる中ボスキャラであり、PCに負荷をむりやりかけて動作を遅くするG-hyperというソフトの仕様が一般化していたり。
 というか、むしろその凶悪さは、そこのたどり着くまでやたら時間と手間が必要で、そのくせセーブポイントが無い、という方にあるとも言えたのですが。
 

 まぁ、メジャーなモノをあげるとやっぱリンク先にあるようにDQⅢのゾーマ戦とか、あと気持ち悪かった、という意味で桃伝のあまのじゃくでしょうか。
 気持ち悪かった方面で行くと、FF7トンベリ(名前忘れてたので検索して再発見)とかもありますなぁ。