笑い所

 まぁ、そんなこんなで上記の記事http://www.zakzak.co.jp/top/2005_09/t2005091401.htmlには胸糞が悪くなるような酷い話があった訳ですが、その他、笑い所もあって。

 「選挙戦後半で党幹部が『郵政公社職員の8万人リストラ』を打ち出したときは他人事だったが、自分たちが対象になるとは…

 落選した民主党衆院議員の秘書はこう肩を落とす。


 深い考え無しに主張したことが、まるごと自分たちに返って来たといいますか。バチが当たった、と言いますか。
 ちなみに、この「8万人」という数字には以下のような経緯が指摘されていたりします。


935 高千穂 ◆VyZKkSDatc sage 2005/08/28(日) 11:33:51 id:Fqs2bTNQ
サンプロ 郵政民営化

俵「岡田さんがダメって訳ではないんだけど、政策についてはこの人のほうが詳しいから。枝野さん。」


俵「民主党案では何人くらいクビ切るんですか?」
竹中「マニフェストに書いてないから判りません。」
俵「竹中さんの計算では?(枝野に聞けよw)」
竹中「この数字で行くと8万人くらいですかね。」
竹中民主党マニフェストが出てから霞ヶ関ではみんな頭を抱えてるんですよ。(民主のマニは)何を言ってるのか判らない。」
松原「10万人を超えますよ。」
枝野「それが『小さな政府』じゃないですか!(以後まくしたてる」
竹中 松原「ちょwwwwwwww おまwwwwwwwwwwwwww それwwwwwww」


俵「円より子さんに何故民主党は反対なのかを聞いたら、自民党が賛成だから反対なんだと言った。」
枝野「郵政民主化に反対なんじゃない。今の政府案に反対なんです。」
竹中「対案は、無いw」


松原「民主党マニフェストだと公務員のままだけど、どうやって10万人クビ切るんですか?」
枝野「(焦る)徐々にですよ!減らしていけばいいじゃないですか!」
俵「公務員をどうやってクビ切るの」
だれかが「自然減w?」
枝野「自然減ですよ!」
(小略)
又市「今までの話を聞いていると、まさにクビ切りの話じゃないですか。
竹中「民主党(案)の話ですよ。」



627 無党派さん 2005/09/09(金) 14:48:28 ID:n+9c/i+/
8月28日サンプロでのやり取り

枝野「限度額を半分の500万にすれば規模が小さくなるんですよ。民営化要らないんです」

竹中「どの程度小さくなるんですか?試算してますか?試算してるなら出してください。」

2−3度聞いたが枝野答えず。試算してないことバレバレ。

竹中、その場で暗算で概算し、「約8万人の職員が余剰になる計算だ」と発言。

松原「私の試算では10万人以上だ。公務員10万人をどうやって減らすのか?」と質問

枝野「自然減で」。

竹中、松原失笑

枝野「それが小さな政府でしょ!!!」語気を荒げる。


かくして限度額半減案は8万人削減案にすりかわり、
竹中暗算概算をあたかも自分でだした数字として使い出す枝野。
これが8万人削減案誕生の瞬間である。


 皮肉な話であります。